無線LANアクセスポイント

家庭内LAN 無線LAN ファイル共有プリンター共有 セキュリティ対策 サイトマップ 家庭内LANニュース
電波の中継地点となる無線LANアクセスポイントにはルーター機能を持たないブリッジタイプと、ルーター機能や有線LANのハブ機能を持ったルータータイプの2種類があります。対応OS、通信規格、互換性、セキュリティ機能など、無線LANアクセスポイントを購入する際のチェックポイントを紹介しています。機器の選択は、快適なLANを構築するための重要事項です。

無線LANアクセスポイントのタイプ

無線LANのアクセスポイントには大きくブリッジタイプとルータータイプの2種類があります。

ブリッジタイプ

ブリッジとは、ネットワークにおいてケーブル(セグメント)間のデータ中継を行う機器のことです。LANのブリッジとしてのみ機能するアクセスポイントをブリッジタイプと呼んでいます。ルーター機能を持たないので安価です。また、すでに有線LANが構築されている環境に無線LAN機器を増設したい場合は、このブリッジタイプを選べば良いです。

ルータータイプ

ルーター機能を内蔵しているアクセスポイントをルータータイプと呼んでいます。有線LANのハブ機能が付いているものならば有線LANの混在も可能です。ルーター機能に加え、ADSLモデムまで内蔵しているものもあり、接続がすっきりしますが、光ファイバー接続(FTTH)などに変更した場合は使えなくなってしまうというデメリットも考えられます。
  cf.人気の無線LANルーターはこちらへ


無線LANアクセスポイントを選ぶポイント

まず、構築しようと考えているLANの形態によって、上に述べた2タイプからふさわしい方を選びます。
そのほかのチェックポイントは以下のような感じです。
対応OSの確認
複数OSが混在するLAN環境の構築を考えている場合は必ずチェックです。
通信規格
ほとんどの製品はIEEE(米国電気電子学会 )が策定した無線LANの標準規格のIEEE802.11b、IEEE802.11gに準拠しています。最近はFTTHの普及やADSLの高速化も進んでいるので、最大54Mbpsの通信速度を出せるIEEE802.11g準拠の製品がおすすめです。
  cf.IEEEの詳しい説明
互換性
複数メーカーのLANアダプターが混在する場合は必ずチェックです。メーカーによっては、他社のLANアダプタとの互換性を調べた結果をサイトで公開していたりするので、購入前にのぞいてみると良いかもしれません。
また、WECAという業界団体が対応製品の互換テストを行っていて、これに合格した製品にはWiFiロゴが与えられています。このWiFiロゴがあればベストでしょう。
いずれにせよ、無線LANアクセスポイントと無線LANアダプタを一緒に買うなら同一メーカーのものを買えば大丈夫、のはずです。
  cf.コレガ - 他社製品との互換性について
セキュリティ機能
無線LANアクセスポイントのセキュリティ機能にはWEP、SSID、MACアドレスフィルタリングなどがあります。
WEP機能については多くの製品に組み込まれていると思われますが、暗号化によって他社のLANアダプタとの互換性が低くなる場合があるので注意が必要です。また、暗号強度も製品の価格によって違ってたりします。
それと、MACアドレスの登録ができる製品がおすすめです。
詳しくはセキュリティ対策のページをご覧下さい。

【参考リンク】
Netland:無線LANアクセスポイントの製品レポートがあります。

【スポンサーリンク】

 

掲載の記事・写真・図表などの無断転載はご遠慮ください。
リンクはフリーです。<info★kateinai-lan.com>

Copyright All rights reserved.