無線LANカード

家庭内LAN 無線LAN ファイル共有プリンター共有 セキュリティ対策 サイトマップ 家庭内LANニュース
無線電波の送受信を行う無線LANカード。パソコンに差し込んで使う無線LANカードを選ぶポイントを紹介します。

無線LANカード

最近は、無線LAN内臓のノートパソコンも多くなりましたが、そうでなくても機能拡張することで、同じように使用できるパソコン機種もあります。コンピューターの側面にPCカードスロットがあれば、そこに無線LANカードを差し込んで使用できるのです。
無線LANカードやルーターなどのアクセスポイント購入前に確認するのは、持っているパソコンに無線LANの規格に準拠した通信機能がついているかどうかです。肝心のこの機能がなければ、無線LANカードを差し込んでも無意味ですからね。
ちなみにPCカードとは、ノートパソコン向けの拡張カードの統一規格です。無線LANカードのほか、フラッシュメモリカードやハードディスク、SCSIカード、モデムカードなどでも利用されています。

無線LANカードを買う前に

無線LANにはIEEE 802.11a/b/gなど通信方式による違いがあります。
ノートパソコンなどの仕様を確認し、その規格にあった無線LANカード(その他の無線LAN機器)を導入する必要があります。最近は標準化が進んでいるのであまり問題になりませんが、他メーカーのアダプタや無線LANアクセスポイントと接続する際には互換性の問題が生じる事もあります。導入前に、十分な確認が必要です。基本的に、同一メーカーのルーターとカードを購入すれば、問題ないでしょう。家電量販店などへ行くと、セット価格で販売されていますので、お店の人にお勧め商品を聞くのもいいかもしれません。

無線LANカードの規格

無線LANカードの規格は、もちろん無線LANの通信規格に準じています。

規格 使用周波数帯 最大伝送速度
IEEE 802.11a 5.2Ghz帯 54Mbps
IEEE 802.11b 2.4Ghz帯 11Mbps
IEEE 802.11g 2.4Ghz帯 54Mbps

最近、主流なのは、IEEE 802.11gです。ノートパソコンがIEEE 802.11gに準拠していれば、同じようにIEEE 802.11gに準拠した無線LANルーターと無線LANカードを用意します。

無線LANカード購入のポイント



同じ規格を使用しているはずなのに、メーカーによって値段には差があります。これはなぜでしょうか?
商品をいろいろ見ていると、Wi-Fiと書いてあるマークが目に付きます。これは、無線LAN規格の認知度を高めるため、業界団体のWECA(Wi-Fi Alliance)が名づけたブランド名です。この団体、WECAには業界大手各社が参加しており、各社の互換性を保証するためのテストを行っています。このテストに合格した製品に与えられるのが、Wi-Fiマークなのです。
Wi-Fiマークのあるなしで、値段はかなりかわってきます。初心者の人は、Wi-Fiマークのついた無線LANカードを選んだ方が、安心かもしれないですね。

 

掲載の記事・写真・図表などの無断転載はご遠慮ください。
リンクはフリーです。<info★kateinai-lan.com>

Copyright All rights reserved.